花組

ポーの一族(’18年花組・宝塚)

ポーの一族(’18年花組・宝塚)

萩尾望都原作、漫画史上の傑作を初ミュージカル化。永遠の時を生きる“バンパネラ”となった少年が時空を超えて旅を続ける。イギリスの片田舎の森に、まだ赤ん坊の妹メリーベルと二人、乳母に置き去りにされた少年エドガー(明日海りお)は、一人の老婆、老ハンナ(高翔みず希)と出会う。彼女はバラの花咲き乱れる森の奥の館にエドガーをいざなう…。エドガーが館に足を踏み入れてから13年、ポーツネル男爵(瀬戸かずや)が美しい貴婦人シーラ(仙名彩世)を伴い、館を訪れる。ほんの出来心からその夜の“秘密の儀式”を覗き見たエドガーを待っていたのは恐ろしい運命であった…。原作:萩尾望都「ポーの一族」(小学館フラワーコミックス)/脚本・演出:小池修一郎 出演:明日海りお 仙名彩世 柚香光

レビューを投稿する
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

宝塚作品レビュー
平均:  
 0 レビュー
gaichiをフォローする
宝塚作品レビュー

コメント

タイトルとURLをコピーしました